デッキレシピ

SMレギュアンノーンDAMAGE!鍵はオドリドリ【デッキレシピ】

アンノーンDAMAGEアイキャッチ

こんにちは、たけしゆです。

皆さんは「アンノーン」を使ったことありますか?

そう、「~~~なら、この対戦は自分の勝ちになる。」というロマンたっぷりの特性を持つカードです!!

今回はその中のアンノーン[DAMAGE]を使ったデッキを紹介したいと思います。

アンノーンをSMレギュで使いこなしましょう!

 

デッキレシピ

アンノーンDAMAGEデッキレシピ

【デッキコード】pMySRX-5u5Pz2-py3MX2

「オドリドリ」や「戒めの祠」で高HPのGXポケモンにダメカンをためて「DAMAGE」で勝つ!

そのためのサポートとしていれかえ系を多数採用、今回はエネルギーに関する相手への妨害もしていきます。

上手く回ると4T目に勝利できます

こう聞くと「現実的なんじゃないか…?」って思いませんか!?

それでは採用カードやいれかえ候補を紹介していきます。

 

採用カード紹介

アンノーン[DAMAGE]

アンノーンDAMAGE

特性 DAMAGE[ダメージ]

このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。自分のベンチポケモン全員にのっているダメカンの数が66個以上なら、この対戦は自分の勝ちになる

アンノーン(DAMAGE)

このデッキの主役。条件を満たせば勝ちになる特性を持っています。こんなことがあっていいのか…。

BON
BON
この前食らった時は呆然としちゃったよ…

基本的には条件を満たしてから場に出して「ポケモンいれかえ」などでバトル場にいき、特性を使用します。主役は遅れてやってくる

今回は自分のベンチポケモンにダメカンを66個以上ためることを目的としていますが、ほかにもこんなアンノーンがいます。

アンノーンHANDアンノーンMISSING

アンノーン(HAND) アンノーン(MISSING)

どのアンノーンもバトル場にいないと特性を使用できません!

 

オドリドリ

オドリドリ

オドリドリ

このデッキで唯一ワザを使うダメカン蓄積要員。アンノーンが主役ならオドリドリはこのデッキの要。

どれだけオドリドリをバトル場に出してワザを使えるかが大事になってきます。

ベンチにGXが5体いれば「びりびりポンポン」1回でダメカン15個分!…ですが、

BON
BON
ダメカンが66個たまったのにベンチが埋まっててアンノーンが出せない!

なんてこともありえるので考えなしにベンチを埋めるのは控えましょう。

 

戒めの祠

戒めの祠

戒めの祠

ダメカン蓄積要員2。様々なデッキに採用されているので先攻1T目に相手が貼ってくれることも考えられますが、戦術がばれた後はその可能性は低いのでもっと入れても良いですね。乗せすぎ注意。

正直ポケモンチェック毎に1個ずつ乗せるのは「びりびりポンポン」含めて大変でした!笑

 

イーブイ&カビゴンGX/コイキング&ホエルオーGX

イーブイ&カビゴンGXコイキング&ホエルオーGX

イーブイ&カビゴンGX コイキング&ホエルオーGX

高HPのこの2体を採用しました。「ムキムキパッド」の対象なので更にHPを高くすることができます。

「イーブイ&カビゴンGX」の弱点が闘なのが痛いですね…。環境によってどの高HPGXを採用するかを変えていくのもありだと思います。その際はムキムキパッドも変更ですね。

パッド付きコイホエ2体で66個の条件を満たせると思うと改めてすごいHPだなって思います。

 

デンジ

デンジ

デンジ

彼は本当に優秀ですね。彼のおかげで雷エネルギーの採用枚数を減らすことができます。

その場その場に応じたグッズも持ってきてくれる神様です。

ナギサシティに参拝に行きましょう!

 

グラジオ

グラジオ

グラジオ

このデッキはサイドを取ることを目的としていないので、アンノーンがサイド落ちしたら終わってしまいます。それを救って貰いましょう。一応「ダンププレス」は使えますが…。

 

フウとラン/ポケモンいれかえ

フウとランポケモンいれかえ

フウとラン ポケモンいれかえ

最後にアンノーンをバトル場に出す必要があるので多く採用しています。

オドリドリが倒された後ベンチのGXポケモンを出さなければいけない場面もあるのであるととても便利です。

 

レスキュータンカ

レスキュータンカ

レスキュータンカ

トラッシュに行ったオドリドリを再利用したりアンノーンをレスキューします。

悩みどころですが無難に2枚採用しました。

 

ワンダーラビリンス♢/ハンマー2種

ワンダーラビリンスクラッシュハンマー改造ハンマー

ワンダーラビリンス♢ クラッシュハンマー

改造ハンマー

安全にダメカンを蓄積したかったので時間稼ぎとして採用しました。

正直この辺りは人によって違うと思いますし、改善すべきところだと思います。

しかしこれの有無が勝負の分かれ道になるケースもあります。難しいです(小並)

いれかえ候補は後述します。

 

レインボーエネルギー

レインボーエネルギー

レインボーエネルギー

ダメカンを1つのせることができます。微調整用です。

後述の「アセロラ」と相性が良いです。

 

立ち回り

理想の1T目は、

後攻をとってバトル場にオドリドリ、ベンチにコイホエ3体以上、戒めの祠を貼ってサポートも使って相手のエネルギーを破壊してびりびりポンポンを発動

です。

以降はオドリドリを途切れさせないよう意識しながら(場にオドリドリが2体いても良い)ダメカンを蓄積させていき、66個以上になったらアンノーンをバトル場に出してフィニッシュです。

ダメカンをのせるのも数えるのも時間がかかるので、あらかじめ手元に用意しておいたり常に数を把握しておくなど工夫しましょう。

 

注意すべき相手

ダメカンを操作するワザ(カプ・テテフなど)

カプ・テテフ

カプ・テテフ

正直これだけはどうしようもありません()

やられる前にやる、本当にこれしかありません()

 

ウソッキー

ウソッキー

ウソッキー

特性「みちをふさぐ」でベンチが最大4匹になってしまいます。

つまりダメカンを蓄積しづらくなるということ。

どいてください。

 

グズマなどベンチを引きずり出すカード

グズマ

グズマ

ダメカンがのっているせいで相手のワザの一撃圏内に入ってしまった、なんてことが起こります。一撃で倒されなくても「びりびりポンポン」や「戒めの祠」は均等にダメカンをのせるので1体だけ倒れてしまうことがあります。

ただ、フェアリータイプ主体で「アブリボン」を採用することで「グズマ」は防ぐことができます。

 

いれかえ候補

主に「ムキムキパッド」「ワンダーラビリンス♢」「クラッシュハンマー」「改造ハンマー」との入れ替えになると思います。

アセロラ

アセロラ

アセロラ

何かと便利な回収手段。「レインボーエネルギー」と相性が良いです。

バトル場にオドリドリ、ベンチにGX5体でダメカンを蓄積し、たまったらオドリドリを(ダメカンがのっていなかったらレインボーエネルギーをつけてから)回収し、アンノーンを出すという動きが可能になります。

他にはダメカンが集中しすぎたときにリセットすることも。

 

ポケギア3.0

ポケギア3.0

ポケギア3.0

サポートをサーチする手段がないのでおすすめです。

入れる場合は「フウとラン」の枚数を減らして「ポケモンいれかえ」や「あなぬけのひも」を増やしても良いかもしれません。

 

ブルーの探索

ブルーの探索

ブルーの探索

特性持ちのポケモンが「アンノーン」しかいないので使用できる機会が多く、「戒めの祠」を持ってくることができるのが大きいです。

入っていないのはフルメタルウォール発売前に組んだデッキだからです…申し訳ありません…。

エネルギーの確保を「デンジ」に頼ることも多く、できれば後攻を選択したいので、「エネルギースピナー」と合わせて入れるのがおすすめです。

高いよエネルギースピナー…!少ないよエネルギースピナー…!

 

サーナイト&ニンフィアGX/アブリボン

サーナイト&ニンフィアGXアブリボン

サーナイト&ニンフィアGX アブリボン

先ほども少し触れましたが、アブリボンの特性「ふしぎなはおと」の効果で自分の場のフェアリーポケモン全員が相手のサポートの効果を受けなくなります。

「グズマ」の効果は「相手のベンチを1匹選び~~」とあるようにベンチポケモンが対象なので、バトル場が雷タイプのオドリドリでもグズマを防ぐことができます

最大HPは下がってしまいますがこちらを軸にするのも十分ありだと思います。

その場合は「フェアリーチャーム」も選択肢に入ってくると思います、いずれにせよかなりデッキが変わってしまうので別記事で取り上げることができたらいいなと思います。

 

おわりに

いかがでしょうか。

実はこのデッキは父が発端で、それを私が(かなり)改造したものになります。

アンノーンはなんというか、ロマンの塊みたいなカードで好きです。DP時代になにかとアンノーンを使おうとしていたのを思い出します。お気に入りは「エックスレイ」のアンノーンです。

アンノーン

アンノーンX

チラッと見て何もせず戻すのがシュールで面白かったです。

そんな特性が今や勝ちを宣言できるものにまで進化したと思うと…!

「DAMAGE」の宣言はそれはもう満面の笑みでしたいと思います。

ありがとうございました!