デッキレシピ

【デッキレシピ】ニドクインを使ったデッキレシピ【主役は女王様】

ニドクインデッキレシピアイキャッチ

こんにちは、たけしゆです。

今回は「ニドクイン」を軸に組んだデッキを紹介したいと思います!

火力十分でサーチもできる万能な女王様をぜひご覧ください。

 

デッキレシピ

ニドクインデッキレシピ

【デッキコード】c8xxKJ-wBAx4R-8ccDDY

デッキレシピはこちらです。

「ニドクイン」をメインアタッカーに据え、「カラマネロ」を採用することでエネルギー加速をし、特性「マザーコール」「サイコリチャージ」を使って絶えず展開し続けることを目指します。

「マグカルゴ」を採用したので山札を上から引けるトレーナーズを多く採用してみました。

以下で詳しく見ていきます!

 

採用カード紹介

ニドクイン

ニドクイン

ニドクイン

このデッキの主役です。特性「マザーコール」でポケモン(GXをのぞく)をサーチでき、ワザ「パワーラリアット」は最大260ダメージと非GXとは思えない火力も出せる、非常に優秀なポケモンです。「戒めの祠」と合わせればほとんどのポケモンを一撃で倒すことができます。さすがクイーン!

パワーラリアットに必要なエネルギーは無色3個なのでどのタイプのデッキにも入れることができ、ニドクインの可能性を広げています。

ただ、一人だけでは火力が出ないのでみんなでサポートしてあげることが必要です。

 

カラマネロ

カラマネロ

カラマネロ

サポート隊1号!優秀なエネルギー加速要員です。

「ダブル無色エネルギー」も採用していますが、よりワザを発動しやすくしてくれます。

「サイコリチャージ」を活かすためにもトラッシュするカードはエネルギーを優先しましょう!

 

マグカルゴ/上から引くトレーナーズ

マグカルゴ

マグカルゴ

サポート隊2号!(今回は2号までしかいません)

特性「じらなし」で好きなカードを山札の上にもってくることができます。特に「ふしぎなあめ」をスムーズにサーチできるのが大きいです。

今回は山札の上に置いたカードをそのまま引くために、山札を上から引くカードをメインに入れています。

ジャッジマンホイッスルハウ

ジャッジマンホイッスル ハウ

本当はマグカルゴを2枚入れたかったのですが、枠が足りませんでした…「ジャッジマンホイッスル」+「マグカルゴ」のコンボは個人的に好きなのでたびたび登場しそうです笑

 

ミステリートレジャー

ミステリートレジャー

ミステリートレジャー

超タイプのポケモンが多いので4枚採用しています。ミステリートレジャーを使って「ニドクイン」を場に出し、「マザーコール」でタイプ関係なくポケモンを持ってくるというのが理想です。

 

戒めの祠

戒めの祠

戒めの祠

「パワーラリアット」のダメージは10+ベンチの進化ポケモンの数×50ダメージで、3体の場合は戒めの祠と合わせることで「カプ・テテフGX」などが一撃、5体の場合は「セレビィ&フシギバナGX」などが一撃となるので採用しました。

 

立ち回り

序盤

ニドラン♀のなかまをよぶなどでたねポケモンを多く並べ、多くのポケモンが進化できるようにしておきたいです。1度ニドクインに進化できればあとは比較的スムーズに進化ポケモンを並べることができます。

手札をトラッシュする際はなるべく超エネルギーを選ぶのがおすすめです。

 

中盤~終盤

毎ターンマザーコールをしながら進化ポケモンを途切れさせないようにし、適宜マグカルゴでほしいカードを手札に加えながら進めていきます。特にほしいカードがない場合はグズマなどのサポートを確保しておくのがおすすめです。

 

入れ替え候補

メガニウム/ラグラージ

メガニウムラグラージ

メガニウム ラグラージ

2進化ポケモンが入るデッキでは頻繁に候補に挙がりますね。

今回はエネルギー加速手段を確保するために「カラマネロ」を採用したので入れていませんが、この2匹+「マザーコール」で一気に2進化を場に展開することができます。

採用する場合は「超ブーストエネルギー♢」も合わせて入れたいですね。その場合は「メガニウム」も攻撃することが可能になります。

 

アローラサンドパン

アローラサンドパン

アローラサンドパン

特性「ゆきかき」が「マグカルゴ」の「じならし」と相性が良いです。

1進化なので用意しやすいのも良いですね。

 

ピジョン

ピジョン

ピジョン

こちらも1進化で山札を引くことができ、「ウツギ博士のレクチャー」の対象という特徴があります。

ただ、「ウルトラネクロズマ」や「クワガノンGX」のGXワザなどベンチにも攻撃できるポケモンには注意が必要になります。

 

こだわりハチマキ

こだわりハチマキ

こだわりハチマキ

これも採用したかったのですが…枠が…!

ベンチの進化ポケモンが4体だった場合パワーラリアットのダメージは210となり、こだわりハチマキを付けることでちょうど「ピカチュウ&ゼクロム」が一撃となります。じゃあ入れなさいよ

「ポケモンいれかえ」信者なので許してください…

ニドクインデッキの弱点

進化ポケモンの数がダメージに関わってくるので、たねポケモンを出しては倒され出しては倒され…のループに陥ると勝つことが難しくなってしまいます。とにかく多くのポケモンを用意することを意識しながら進めていきましょう。

また、「ウソッキー」にみちをふさがれると最大ダメージが50も下がってしまいます。前にも書いたことがある気がしますが、どいてください。

 

おわりに

いかがでしょうか。

サーチをしながら自分でも殴ることができる優秀なニドクイン。ダメージ量も大きく非常にハイスペックですね。

今回はメインに据えてカラマネロを採用する形でしたが、ワザエネが無色のみということもありたくさんのデッキに入れることができそうです。

皆さんもぜひ色んな形でニドクインを使ってみてください(^^)/

ありがとうございました!